産後ケア(4ヶ月)以降の、文京区の育児サポートはどんなものがある?

前回の記事で、2018年9月末に起きた文京区での母子心中の事件を受けての文京区の「産後ケア」と「ネウボラ事業」について調べたことを書きました。

ネウボラ事業での対象が、産後4ヶ月くらいまでの産婦が対象ということがわかったところで、いったん記事を終えての更新でした。すると、

twitter上で、このような情報をいただきました。
今回このtwitterで教えていただいた情報は、私が次に調べようとしていた、「4ヶ月以降の産婦へのケア、子育てケアのサービス」でした。情報ありがとうございました!今回いただいた情報に基づいて、早速それらの支援について調べてみました。



リフレッシュ一時保育

文京区立の保育園の緊急一時保育の定員に空きがある場合に、利用の理由を問われることなく、一時的に子どもを預かってくれるサービスです。

利用可能対象は、文京区在住で、保育園によりますが、生後4ヶ月〜、満1歳〜小学校就学前の保育が可能な乳幼児ということです。利用には事前の面談が必要で、予約は2日前からOK。料金は、1時間につき800円(最低料金は、3時間2,400円)。

http://www.city.bunkyo.lg.jp/kyoiku/kosodate/okosan/ichijiteki/refresh.html

3人目保育料無償

同一世帯にいる第3子以降の児童が保育園に在園しているとき(第3子以降の児童に適用)

と記されていますね。
http://www.city.bunkyo.lg.jp/kyoiku/kosodate/okosan/nicchu/ninka/zaien/gengaku.html

ぴよぴよひろば(親子ひろば)

文京区内に住んでいる3歳未満(2歳まで)の子どもとその保護者が利用できる遊び場です。
月~金曜の午前10時~午後4時まで利用OK。
http://www.city.bunkyo.lg.jp/kyoiku/kosodate/nakama/hiroba.html

6か月児・9か月児健康診査

6ヶ月と9ヶ月の子どもへの、診察、身体測定、保健指導、栄養指導が都内の指定医療機関(文京区内の指定医療機関)で、無料で受けられるようになっています。

このお知らせ(通知方法)は、保健サービスセンターで実施する乳児(4か月児)健康診査に来た際に、「健康診査受診票」が配付されます。
http://www.city.bunkyo.lg.jp/kyoiku/shussan/kodomokenshin/6kagetsu.html

子ども応援サポート室

経済的な困りごとや、生活する上でのさまざまな悩みを抱えている子育て世帯の相談窓口があります。経済的な問題で、養育費や食費に困窮していたり、ひとり親で育児や生活が辛い大変といった内容、各種手当てや助成制度を知りたいなどの内容の相談が寄せられています。
文京区内在住の18歳未満の子どもか、またその保護者等が対象になています。電話、メール、窓口で相談を受け付けいています。
http://www.city.bunkyo.lg.jp/kyoiku/kosodate/kodomonosoudan/sapo-tositu.html

電話・メール無料相談

子育てに関わる方への相談窓口が多く開設さされています。その内容によって細かく分かれていて、内容によっては、専門医とも話せたりと、手厚くケアしていている印象です。

  • 母子・女性相談(母子および女性の生活や就労上のこと、母子家庭の悩み、夫や恋人からの暴力(緊急避難も含む)などの相談)
  • 子育てに関する相談(児童虐待に関する相談を含む、子どもと家庭に関する相談、内容に応じて児童家庭専門相談員、心理士、小児科医、弁護士等の相談も可)
  • 子ども応援サポート室(子育て世帯の経済的な困りごとや生活上の様々な悩みなどの相談)
  • 子どもの最善の利益を守る法律専門相談(養育等、離婚や養育費、子どもとの面会交流を含む子どもの利益を守るための法律的な相談)
  • 青少年相談(子どもの非行・不良化の悩みごとなどの相談)、子どもの発達および教育に関する相談(乳幼児から高校生年代までの子どもに関する発達や教育などのさまざまな心配事や悩みについての面接相談)
  • 電話教育相談(匿名や来所できない方のための電話による子どもの教育等に関する相談)、いじめ電話相談(いじめに悩んでいる児童・生徒・保護者のための電話による相談)
  • 保健師の相談(乳幼児から高齢者までの身体の病気や心の悩みなどの相談)
  • 育児相談(医師や保健師等による子育てについての相談)。

http://www.city.bunkyo.lg.jp/tetsuzuki/sodan/counselling.html

相談窓口はかなり充実している印象ですね。ただ、子どもが2〜3人の場合は、「リフレッシュ休暇」をとったら料金は3倍と思うと多分自分なら多分利用しないし、「ぴよぴよ広場」も2歳までの子となっているので、上に兄妹がいる場合はそこを利用できなくなってしまいますね。

今回の文京区の事件のように、お子さん3人もいる場合、上に兄妹がいるケースに、どのくらい利用できる行政のサービスがあるかを次回では調べていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
まゆみん

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。




ABOUTこの記事をかいた人

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。