世田谷区で、3歳未満の子の親必見!今年、子どもの側で2~3日働くが叶う!?

2〜3日働きたいを叶える「保育付きシェアオフィス」を区が支援

世田谷区は、待機児童が多い0~2歳児を育てる親が、育児をしながら週2〜3日程度仕事もできるような体制づくりのため、保育機能付きシェアオフィスの設置の支援事業「子どもの近くで働くことができるワークスペース補助事業」に、18年度予算案に約3000万円(2982万円)を盛り込むことにしました。

2018年度、保育機能付きシェアオフィスの設置の支援が決定し、4月に運営事業者の募集、9月に開設する計画になったそうです。


保育機能付きのシェアオフィスは、これまで民間レベルで徐々に広がりを見せてはいたけども、自治体が設置を支援するの事例は珍しく、今回の世田谷区の取り込みは新しく、大変注目が期待されますね。

フル育児かフル勤務かの2択の現状にメスを

これまで、3歳未満の育児をしている親にとって、保育所に子どもを預けてフルタイムで働くか、育児に専念するケースの2択しかないのが大半の現状で、週2~3日ほど働きたい場合の保育の公的な受け皿がこれまでほとんどありませんでした。

今回の世田谷区の支援によって、子育て中でも少しでも働きたいと願う親の選択肢が増えます。「働く?」OR「子育て?」の2択ではなくて、「働く&子育て」が両方バランスよく出来る社会になっていくと、もっと暮らしやすい世の中になるのかなと期待できます。

世田谷区のイチ早いこの取り組みは、是非とも他の地域にも広がっていくモデルケースになっていって欲しいですね!

何処にどんなシェアオフィスが出来るの?

計画中のシェアオフィスは、子育て支援施設おでかけひろば」内の2カ所と、オフィスビル内の2カ所に整備する予定で、世田谷区はこれらを支援する形になるそうです。

机やインターネット環境の仕事環境が整備され、保育士付きのキッズスペースにはベビーベッドや絵本、遊具なども充実するという。

気になる使用料金は?

保育は主に3歳未満の子どもが対象で、保育料はおでかけひろばが2時間で1500円、オフィスビルが4時間で2000円程度を想定しているそう。オフィス利用料は別途必要ということです。

行政支援ということで、保育料もだいぶ抑えられているのではないでしょうか。ただ、それにプラス、オフィス使用料がかかるということなので、合計の費用が気になるところですね。

「仕事か子育てかのゼロか百でなく、両方できる場も必要」

保坂展人区長は「保育園は施策の最優先で設けてきたが、このペースで増やせるかは分からない。仕事か子育てかのゼロか百でなく、両方できる場も必要では」と述べたそう。

また区長は「待機児童が多い他の地域でも使える仕組みとして育てていきたい」とも。

是非とも世田谷区が実践スタートすることで、この育児支援の仕組みが波及していくといいですね。

参考記事:東京新聞「<23区の予算案>世田谷区 保育施設の近くで仕事」

The following two tabs change content below.
まゆみん

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。




ABOUTこの記事をかいた人

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。