今年から東京都の幼稚園の延長保育費が安くなる!?一時保育の補助増額

1人につき1000円の補助に

今月24日、東京都は、2018年度に3~5歳児対象幼稚園での「一時預かり保育」への補助を増やす方針を明らかにしました。

東京新聞記事「一時預かり 都、幼稚園の補助拡充へ」

補助の増額は、11時間以上預かる幼稚園が対象で、幼稚園に対して1人当たり1000円を補助することになり、国の補助と合わせると1400円程の補助になることになります。



幼稚園の延長保育は、園にもよりますが、通常の幼稚園費用に上乗せして各家庭は支払っているのでこれまでの各家庭の負担額はけっこう大きかったですよね。

特に、幼稚園に子どもを通わせながら働いている親にとっては、今回の補助増額は、かなり助かりそうです。

これまでは9時間以上が対象で、都の補助は500円で、国と合わせて900円程だったそうなので、それと比べても大きな増額措置になりますね!

待機児童の受け皿にもなっている現実

保育園に落ちた家庭が延長保育の充実した幼稚園を頼るケースが多いことも現実としてありますよね。

実際に、通っていた幼稚園では、延長保育が早朝7:30〜夜は6:30まで対応しているので、ほとんどの親が働いていて、保育園と同じような感覚で幼稚園に子どもを通わせている親は多かったです。

ただ、そこの幼稚園は、1日延長保育1500円で、さらに早朝と5時以降の延長追加料金がプラスでかかるので、幼稚園の学費(3万6000円程度)さらに延長保育費(1日1500×20日=30000円)にさらに追加料ですから、1人につき7万以上保育費がかかっているのとのことなのですよね。

このように、保育園に落ちてしまって、やむなく幼稚園の延長保育に頼りながら働いている親の負担は大きく、月の支払いはけっこうなものになっていたのも現実。

こういった状況の家庭にも、今回の都の方針は、幼稚園の延長保育費が安くなるということなので、かなり助かって行くのでないかと期待が持てそうですね!

2歳児対象の補助事業も新設予定

また、幼稚園が2歳児を預かる場合の補助事業も新たに用意し、予算案にも合計9億2000万円を計上するとのことです。

自分の周りでは幼稚園で2歳児対象で一時預かりをしているところを聞いたことがないのですが、実際、未就園児対象の延長保育サービスを行なっている幼稚園もあるそうですね。

今後、東京都が2歳児を預かる場合の補助事業も新設するとのことで、幼稚園の方でもその環境を整える園が増えていきそうですよね。

The following two tabs change content below.
まゆみん

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。




ABOUTこの記事をかいた人

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。