返還不要!私立高校の授業料実質タダ!?年間最大44万助成が受けれます☆

平成29年度から大幅に助成額が拡充

東京都民対象、私立中高の教育費負担の軽減事業をご存知ですか?

都内に住んでいる世帯で、条件が合えさえすれば利用できる、お得な制度があるんです!


特に、平成29年度から大幅に助成額が拡充され、私立高校平均授業料相当額44万2,000円)まで補助金がもらえる仕組みになっています。

年収制限等はありますが、もし条件に見合うようでしたら、申請してみてはいかがしょうか。それで、随分と教育費負担が軽くなります!

私立高校、年間最大44万2,000円の助成

東京都在住で、私立高等学校にに通う生徒の保護者の方の経済的負担を軽減するために、授業料の一部を助成する制度「私立高等学校等授業料軽減助成金事業」。

これ、年収目安約760万円未満の世帯に対して、国の「就学支援金」と合わせれば、年間44万2,000円(都内私立高校平均授業料相当)まで、助成が出るんです。

首都圏の中でも、”年収目安約760万円未満”というのは、年収対象が高めだそうです。他県では申請対象となる年収額が、より低く設定されています。例えば埼玉県は、助成を受けれるのが年収約609万円未満が対象となっています。

申請書の入手方法など詳しくは公益財団法人東京都私学財団該当ページをご確認ください。

私立高校の人気が上がった。助成の影響!?

去年(平成29年度)からスタートしたこの私立助成の影響なのか、都教育委員会が昨日(平成30年1/9実施)行った調査で、都立高校志望が75%下回るという結果が出たそうです。

都教委の担当者は「都の私立高授業料助成制度の対象が年収760万未満世帯まで拡大された影響とみられる」と分析しているそうです。

 

私立小中学校の支援も

平成29年度から、年収約400万円未満の世帯対象に、東京都内の私立小中学校等に通う児童生徒の授業料負担の軽減を行うための実証事業「私立小中学校等就学支援実証事業」が開始されています。

義務教育の過程で、私立学校を選択している理由や家庭の経済状況などについての実態把握のためのアンケート調査だそう。

補助額は、年額100,000円

申請書類の配布はどこから?

毎年6月下旬より、在学校から申請書類が配布されているそうです。

※以上の内容は、記事更新日のものであります。その後の変更等、制度の詳細に関しては、公益財団法人東京都私学財団該当ページでご確認ください。

The following two tabs change content below.
まゆみん

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。




ABOUTこの記事をかいた人

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。