地域の交通事故や不審者情報が地図で確認できる「子どもの安全マップ」

交通事故や不審者情報を確認「子どもの安全マップ」

東京都では、子どもを狙った事件を抑止するため、警視庁、教育庁、区市町村と連携して、「子どもを守る」様々な取組みを進めています。

その一つに、子どもの交通事故不審者情報がネット上の地図で確認できる「子どもの安全マップ」のサービスがあるのをご存知ですか?


子どもの交通事故発生状況や、子どもへの不審な声掛け情報(町丁字別)などがマップに表示され、さらに拡大すると詳細な発生場所も確認できるようになっています。

地図で確認することで事前の防犯対策が取りやすい

出典:bouhan-tokyo.maps.arcgis.com

昔と比べて、交通事情や治安も悪化していると言わざるを得ない現在。子どもの安全を守るために、親が、マチが、どこで車の事故が多いのか、不審者が出やすい場所なのかを把握しておくことは、とても大事ですよね。

その場所が事前にわかれば、なるべく子どもにそこを通らないようにアドバイスできたり、その場所に誰か大人が見守りに立つなど、その地域の子どもたちの安全を守る対策が事前に取りやすくなります。

かけこみ110番、セーフティステーションの場所も地図上で確認

犯罪を少しでも減少させるためのガソリンスタンドの協力かけこみ110番や、コンビニエンスストアとの協力セーフティステーションの場所も地図上で確認できます。

こういったマチ全体での防犯意識見守りサポートが多くあると、子どももより安全安心に暮らしやすいですよね。

出典:bouhan-tokyo.maps.arcgis.com

子どもの交通事故状況がわかる

13歳未満の子どもの交通事故の発生場所が地図上で確認できるようになっています。件数は警視庁で認知したもので確定値ではないそう。

出典:bouhan-tokyo.maps.arcgis.com

子どもへの不審な声かけ状況がわかる

警視庁で認知した、13歳未満の子どもに対する「不審な声かけ」等の件数が地域ごとにわかるようになっいます。

出典:bouhan-tokyo.maps.arcgis.com

防犯に役立つ「ワンポイント情報」も

子どもへの不審な声かけが起きやすい時間帯などを、統計グラフでお知らせがあったりと、知っておくと防犯に役立つ「ワンポイント情報」も見ることができます。

出典:bouhan-tokyo.maps.arcgis.com

詳しくは、東京都庁 青少年・治安対策本部「子供の安全マップ」サイトをご確認ください。

The following two tabs change content below.
まゆみん

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。




ABOUTこの記事をかいた人

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。