都民に朗報!2018年からベビーシッターが最大1000円補助で利用可能に

東京都内で働く親に朗報!

来年(2018年度)から東京都で、ベビーシッターの利用料を補助する新制度がスタートするそうです!

都内の待機児童数は全国最多の8586人(17年4月)。保育所開設支援などの待機児童対策では追いつかず、待機児童は増加の一途…。


そのため、保育施設を増やす対策だけでなく、別のサポートが必要と判断する流れとなったようです。

こういったベビーシッター利用への補助は、都道府県では極めて異例だそう。

対象は?補助金額は?

この補助の対象は、区市町村に申請したけれど認可保育所に入所できなかった世帯で、入所決定までの間、利用することができるとのこと。

補助金額は、利用料のうち1時間あたり1000円まで。上限は1日8000円、月20日の利用になっているようです。

ベビーシッターの相場の利用料は、1時間1500~2500円なので、この補助金を使えれば最大1時間500〜1500円でベビーシッターを利用できることになります。これは、かなり嬉しい支援ですね!

ベビーシッターってちょっと不安…な人も安心できる仕組み

ベビーシッターのサービスの質を確保するために、東京都が全国保育サービス協会と連携し、審査や研修を経たベビーシッターさんのみを補助対象とする仕組みなどを検討しているそうです。

全国保育サービス協会認定のベビーシッターさんは、現在都内で約1万人いるそうですが、これではまだ足りないとのことで、都はベビーシッター育成事業もスタートする予定だそう。

確かに、東京都が審査したベビーシッターさんなら、安心感が増しますね。

これを機に、海外では子育て中は当たり前のベビーシッター利用が、日本でも浸透していくかもしれません。

その第一歩のスタートが東京都ということで、東京都にお住いの子育て世帯に、これはかなりメリットなのでは…と期待大ですね。

詳しくは朝日新聞デジタルの記事をご覧ください!

The following two tabs change content below.
まゆみん

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。




ABOUTこの記事をかいた人

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。