オムツ替えや割引サービスが使える「子育て応援とうきょうパスポート」

子育てを応援する東京都の取り組み

東京都の取り組み、「子育て応援とうきょうパスポート」事業をご存知ですか?

東京都が、子育てを応援する社会づくりのためにやっている事業で、子育て中の世帯を応援することに協賛した店舗や企業等が、粉ミルクのお湯おむつ替えスペースの提供、商品・サービスの割引優待サービスを実施したり、子どもの職場体験を実施したりする取り組み。


このサービス、平成28年10月1日からスタートしています。ご存知でしたか?

協賛店は、現在1984店(平成29年12月1日現在と続々増加中です!
パスポートの利用対象者は、都内在住の中学生以下の子どもがいる、または妊娠中の方がいる世帯だそう。

協賛店の目印は?

目印はこのステッカー。ステッカーが貼ってあれば協賛店ということです。サービスを利用したいと言えばOKです!

景品の提供ポイント付与、商品の割引等のサービスを利用するときなどは、パスポートの提示を求められることもあるそうなので、常に財布の中に持参しておくことといいですね!

パスポートはどこで配布しているの?

入手方法は3つ。

  1. デジタルパスポート
    ネットから画像保存して、見せるだけ!東京都福祉保健局HP該当ページで見れますよ。
  2. 紙パスポート
    区市町村庁舎等で、チラシが置いてある(配布)ので、そのチラシに掲載されているパスポートを切り離して使えます
  3. 点字付きパスポート
    点字対応のパスポートもあります。こちらは申し込みが必要です。詳しくは東京都福祉保健局HP該当ページでご確認下さい。

利用できる店舗やサービスなどの詳細は、自治体、協賛店舗・企業ごとに異なるので、是非「子育て応援東京パスポート」公式サイトでチェックしてみてください。

東京都以外でも使えちゃう

子育て応援とうきょうパスポート事業」と同じような取り組みは、実は東京都以外の全国の他の道府県でも実施されています。内閣府が行なっている「子育て支援パスポート事業」です。

この取り組みは、平成28年4月1日から子育て世帯が多く住んでいる地域(都道府県)を中心に、全国の他地域でも同じサービスが受けられるよう強化しているそう。

なので、「子育て応援とうきょうパスポート」も、東京都以外の全国どこでも使えちゃいます!

ただ、都道府県や協賛店等によって、対象世帯、サービス内容、店頭における本人確認方法、パスポートの形態などは多少違いがあるようです。

ともかくも、こういったサービスを使わないと、もったいないですよね!?

意外と使われていないんじゃないか・・・そもそも知らない人も多いのでは?と思ってしまうのですが、このサービス、皆さんご存知じでしたか?

The following two tabs change content below.
まゆみん

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。




ABOUTこの記事をかいた人

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。