家がタダになるすごいマチ、奥多摩の「若者定住応援住宅」制度がスゴイ

都心から離れたとしても、自然の中でのんびり広い庭付きの家に引っ越したいと思っている子育て世帯は少なくないはず。

そんな家族には注目です!

東京都奥多摩町が、過疎化による少子高齢化対策の一環として、15年間以上住み続ければ、土地付き住宅を無償で譲与する「若者定住応援住宅」の取り組みを進めています。


詳しくは奥多摩町公式HPの該当ページでご確認ください。以下、奥多摩町公式HPの該当ページより抜粋掲載です。

町では、過疎化による少子高齢化対策の一環として、若者の定住を促進するため、空家を活用し、実質無償で土地付き住宅を譲与する「若者定住応援住宅」を提供しています。この住宅は、町外の方や町に居住し借家に住んでいる方が、自らの住居として15年間以上継続で定住した場合に、無償で土地付き住宅を譲与するものです。なお、この住宅に入居するためには一定の資格が必要です。

入居者の募集のタイミングは、若者定住応援住宅が空き次第という事なので、興味ある方はお問い合わせしてみると良いかも知れませんね。

The following two tabs change content below.
まゆみん

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。




ABOUTこの記事をかいた人

まゆみん

6歳(息子)と4歳(娘)の子育て中ママ。フリーで時々デザインの仕事をしながら2人の子育てに幸せながらも奮闘する日々を送り、2人目が幼稚園に入園を機に、のびのび子育てをテーマにしたWEBマガジン「nobico.jp」を開設。